Quote

お見積り

閉じる

Tracking

貨物追跡

閉じる

海外
  • ・入力する文字は半角英数字のみです。
  • ・KWE Waybillの場合、”-“(ハイフン)を削除して下さい。
国内
Office Search

オフィス
サーチ

閉じる

マテリアリティ(重要課題)

KWEのマテリアリティ

  1. Anti-Corruption(腐敗防止の徹底)
  2. Data Security(データセキュリティの強化)
  3. Diversity and Equal Opportunity(ダイバーシティと機会均等の推進)
  4. Emissions(気候変動対応としてのCO2排出削減)
  5. Energy(クリーンエネルギーの利用促進)
  6. Social Impacts in the Supply Chain(責任ある調達の推進)

マテリアリティ特定プロセス

ステークホルダー・エンゲージメント

ステークホルダーとして顧客、サプライヤー、請負業者、KWE経営陣、従業員、労働組合、投資家などに21の重要なトピックに関するオンライン調査に参加しました。さらにその中から選ばれたステークホルダーとのディスカッションも実施しました。

調査に回答したステークホルダーが優先順位を付けた上位5つの重要なカテゴリは以下の通りです。

ステークホルダー・エンゲージメントの結果:上位5つの重要なカテゴリ

優先順位 カテゴリ スコア ESGの柱
1 腐敗防止 8.57 経済とガバナンス
2 労働安全衛生 8.52 社会的
3 データセキュリティ 8.38 社会的
4 研修と教育 8.29 社会的
5 強制労働 8.21 社会的

リスクと機会

ステークホルダーへのインタビューの結果、リスクと機会を以下の通り整理しました。

  重要な課題/リスク 機会
環境
  • 気候変動とCO2削減
  • 欧米各国での更なる規制強化
  • IMO(海運業界のCO2削減目標)
  • サプライチェーンマネジメント
  • 海上コンテナの搭載効率向上
  • 顧客への低炭素オプション提供
  • 鉄道等代替輸送モードの更なる利用
  • 従来のトラックに替わる輸送方法の開発(EV等)
社会
  • 従業員の健康と安全(時間外労働)
  • 多様性と包摂性
  • 指導者層への女性登用
  • 地域社会とのかかわり
  • テクノロジー活用による業務効率改善と時間外労働削減
その他
  • 透明性確保と報告義務の必要性増大
  • GAFA等による新たな競合社会の発生
  • 技術革新の遅れ
  • 米中貿易摩擦
  • 顧客との関係を向上し、販売拡大
  • 新たなテクノロジーによる顧客体験の向上
  • より将来を見据えた経営

影響評価

環境または社会に対するKWEの潜在的な影響の大きさを評価するために重要なトピックを確認しました。社会的、経済的、および/または環境への影響を表す60以上の指標を使用し、業界および地理的観点から評価しました。上位5つの重要カテゴリは以下のとおりです。

影響評価結果:上位5つの重要カテゴリ

優先順位 カテゴリ スコア ESGの柱
1 エネルギー  7.8 環境
2 サプライチェーンにおける社会的影響 7.3 社会的
3 多様性と機会均等 6.51 社会的
4 CO2排出量 6.49 環境
5 廃水と廃棄物 5.57 環境

結果

マテリアリティ(重要課題)評価プロセスでは、ステークホルダーのフィードバックと影響評価の結果を組み合わせ、KWEの最優先の重要カテゴリを決定しました。

ステークホルダーのフィードバックと影響評価の結果

SDGs、GRIへのマッピング

「ステークホルダーが重視する項目」と、「当社事業による社会、経済、環境への潜在的な影響」を客観的な指標を活用して整理し、双方にとって重要度が高いトピックをKWEグループの重要課題とし、以下の6つを選定しました。また、国連の持続可能な開発目標(SDGs)およびGRI開示トピックスへマッピングしています。現在、各マテリアリティの施策・目標の設定に取り組んでいます。

SDGs、GRIへのマッピング

サステナビリティ

BACK TO TOP