Quote

お見積り

閉じる

Tracking

貨物追跡

閉じる

海外
  • ・入力する文字は半角英数字のみです。
  • ・KWE Waybillの場合、”-“(ハイフン)を削除して下さい。
国内
Office Search

オフィス
サーチ

閉じる

従業員とのかかわり

グローバル人事ガイドラインを策定

長期ビジョンにおいて「"Global Top 10 Solution Partner"」を目指し、中期経営計画の重点施策として「グローバル人材の育成強化」に取り組むKWEグループは、グローバル人事制度の構築にあたり2020年に後継者育成計画を導入し、重要ポジションの後継者候補の育成に着手しました。この一環として、当社グループのリーダーに必要とされる要素を整理した「KWEリーダーシップコンピテンシー」を策定し、人材開発ツールとしての活用を始めました。また、これらを含むグループ全体の人材マネジメントの方向性をまとめ、「KWEグローバル人事ガイドライン」として策定しました。

8つのリーダーシップコンピテンシー(「KWEグローバル人事ガイドライン」より)

8つのリーダーシップコンピテンシー

HR ミッションとビジョン(「KWEグローバル人事ガイドライン」より)

コーポレートHRミッション

個々人が、自分自身を成長させ、組織に貢献するように動機付けられる就業環境を構築することを通じて、すべての従業員が長く充実したキャリアを享受できるようにすることを目指します。

コーポレートHRビジョン

KWEは従業員が誇りを持てる企業となるために、従業員を惹き付け、定着させて、育成していきます。そして、従業員のエンゲージメント(組織への愛着心)向上を通じて、個人と組織の持続的な成長を導きます。

人材マネジメントの全体像(「KWEグローバル人事ガイドライン」より)

人材マネジメントの全体像(「KWEグローバル人事ガイドライン」より)

ダイバーシティの推進

ダイバーシティの推進においては、KWEグループは人種・民族・国籍・性別・障害などあらゆる差別を許さず、全ての人が公平に働き活躍する機会を提供しています。

各国の現地法人で働く従業員が、大きな任務にチャレンジできるように、ポジションごとに必要な職務要件を整理し、意欲と能力のある従業員を登用していく仕組み作りを進めています。具体的には、各国法人で活躍する人材のデータを蓄積し、育成状況を定期的に確認しながら、適材適所の人材登用を推進しています。

また当社では、女性がより活躍し、より長く働ける環境整備を行うため、2020年3月期から3年間の行動計画を策定しました。1つ目の目標として、全社員における女性割合を35%に増加させることを目指します。2つ目の目標として、女性管理職比率12%以上の達成を目指します。2021年3月期は、コーポレート・ヒューマンリソース部と各部門との連携により、キャリア面談の実施や異動計画の策定等を検討しました。テレワークや時間単位年休については、2020年にトライアルから正式な制度としました。ワークライフバランスへの取組みにおいては、新しく年に1度9連休を取得する「近鉄プレミアム休暇」を導入しました。その他、出産休暇、マタニティ休暇、子の看護休暇、育児休職制度、育児短時間勤務、介護休職制度、介護短時間勤務、退職社員再雇用制度を設けており、近年は男性従業員も育児休職制度を取得し始めています。

今後は、このたび特定したマテリアリティ「ダイバーシティと機会均等の推進」への取り組みを通じて、ダイバーシティをグループ全体でさらに推進します。

サステナビリティ

BACK TO TOP